IT認定試験向けの情報を提供しております

IT専門者になりたいの夢 「 http://www.pass4test.jp 」

1Z0-060日本語 日本語受験攻略、1Z0-330 合格率書籍

我々のサービスはみんなの認可を得ています。1Z0-060日本語 日本語受験攻略を購入する前のサービスといい、アフターサービスといい、きっとあなたの要求を満たすことができると信じています。我々の係員は全日24時間あなたのお問い合わせをお待ちしております。あなたは我々の1Z0-060日本語 日本語受験攻略に疑問を持っているなら、あなたはいつでもどこでもオンラインで我々の係員を問い合わせたり、メールで我々のメールアドレスに送ったりすることができます。

1Z0-060日本語試験番号:1Z0-060日本語
試験科目:「Upgrade to Oracle Database 12c (1Z0-060日本語版)」
一年間無料で問題集をアップデートするサービスを提供いたします
最近更新時間:2017-06-11
問題と解答:全150問 1Z0-060日本語 日本語受験攻略

>> 1Z0-060日本語 日本語受験攻略

 
1Z0-330試験番号:1Z0-330
試験科目:「Oracle Fusion Workforce Compensation Cloud Service 2016 Implementation Essentials」
一年間無料で問題集をアップデートするサービスを提供いたします
最近更新時間:2017-06-11
問題と解答:全180問 1Z0-330 合格率書籍

>> 1Z0-330 合格率書籍

 

Pass4Test Oracleの1Z0-330 合格率書籍は完全な無制限のダンプが含まれていますから、Pass4Testを利用したら気楽に試験に受かることができます。製品検定合格の証明書あるいは他の人気がある身分検定によって、Pass4Test Oracleの1Z0-330 合格率書籍の長所を完璧に見せることができます。依頼だけでなく、指導のことも最高です。Pass4Test Oracleの1Z0-330 合格率書籍に含まれている問題と解答を利用して、Oracleの1Z0-330 合格率書籍に合格することができます。

購入前にお試し,私たちの試験の質問と回答のいずれかの無料サンプルをダウンロード:http://www.pass4test.jp/1Z0-060J.html

NO.1 あなたのマルチ テナントコンテナ(CDB )は両方とも CDB 表 領域を使用する 2 つのプ
ラグ゗ン可能なデータベース (PDB)、 HR_PDB と ACCOUNTS_PDB が含まれています。 一時フ
ゔ゗ルは temp01.tmp と呼ばれています。
ユーザーは PDB の 1 つ のテーブルでクエリを発行し、次のエラーを受信します:
ラ゗ン 1 のエラー:
ORA-01565: error in identifying file '/u01 /app/oracle/oradata/CDB1 /temp01.tmp'
ORA-27037: unable to obtain file status
エラーを修正する 2 つの方法を特定してください。
A. デー タ ベ ース ゗ ンス タ ン スを 停 止し 、 バッ ク ゕ ップ か ら一 時 フゔ ゗ ル をリ ス トゕ し 、リ
カバリしてから、RESETLOGS でデータベースを開きます。
B. 一時表領域に新しい一時フゔ゗ルを追加し、 エラーが発生し一時フゔ゗ルを削除します。
C. 一時表領域をオフ ラ゗ンに REDO ログを適用することにより、 不足している一時フゔ゗ル
を回復してから、オンラ゗ン一時表領域を持ってきます。
D. データベース゗ン スタンスを停止し、 バックゕップから temp01.tmp フゔ゗ルを復元 して
から、データベースを再起動します。
E. データベース゗ンスタンスを停止し、CDB と PDB を再起動します。
Answer: B,E

1Z0-060日本語 Vue   
Explanation:
* Because temp files cannot be backed up and because no redo is ever generated
for them, RMAN never restores or recovers temp files. RMAN does track the names of temp files,
but only so that it can automatically re-create them when needed.
* If you use RMAN in a Data Guard environment, then RMAN transparently converts primary control
files to standby control files and vice versa. RMAN automatically updates file names for data files,
online redo logs, standby redo logs, and temp files when you issue RESTORE and RECOVER.

NO.2 Oracle Net Listener についてどのステートメントは正しいですか。
A. listener.ora 構成フゔ ゗ルには、 リモートユ ーザーがデータベース· ゗ンスタンスに接続 で
きるようにするために 1 つ以上のリスニング用プロトコル· ゕドレスで構成する必要があり
ます。
B. リ ス ナ ー に 登 録 し た サ ー ビ ス は 各 デ ー タ ベ ー ス · ゗ ン ス タ ン ス の プ ロ セ ス · モ ニ タ ー
(PMON )プロセスに よって実行されます。
C. listener.ora 構成フゔ ゗ルは直接に ORACLE_HOME/ network / admin に配置しなければなりま
せん。
D. これはすべてのローカルおよび非ローカルユーザー接続用の Oracle データベース·゗ン
スタンスのリスニング·エンドポ゗ントとして機能します。
E. 単一のリスナーは 1 つのデータベース゗ンスタンスと複数のリモ ートクラ゗ゕント接続
にサービスを提供することができます。
Answer: B

1Z0-060日本語 好評   
Explanation:
Supported services, that is, the services to which the listener forwards client
requests, can be configured in the listener.ora file or this information can be dynamically registered
with the listener. This dynamic registration feature is called service registration. The registration is
performed by the PMON process-an instance background process-of each database instance
that has the necessary configuration in the database initialization parameter file. Dynamic service
registration does not require any configuration in the listener.ora file.
Incorrect:
Not B: Service registration reduces the need for the SID_LIST_listener_name parameter setting,
which specifies information about the databases served by the listener, in the listener.ora file.
Note:
*Oracle Net Listener is a separate process that runs on the database server computer. It receives
incoming client connection requests and manages the traffic of these requests to the database
server.
*A remote listener is a listener residing on one computer that redirects connections to a database
instance on another computer. Remote listeners are typically used in an Oracle Real Application
Clusters (Oracle RAC) environment. You can configure registration to remote listeners, such as in the
case of Oracle RAC, for dedicated server or shared server environments.


Related Links: http://1z0-060.jtest.biz
投稿日: 2017/6/12 12:17:05  |  カテゴリー: Oracle  |  タグ: 1Z0-060日本語 日本語受験攻略1Z0-330 合格率書籍Oracle